美容のための睡眠について

睡眠は健康な生活を送るために必要不可欠な要素で、その健康な生活がイコール美容に良いというはもちろん、もともとの睡眠が及ぼす美容へに影響をしっかりと受け止めておく必要があります。昔から肌のゴールデンタイムということは言われていました。肌の再生が促される成長ホルモンの関係から、その効果的な時間帯を表す言葉になっていたのです。この成長ホルモンは、肌の張りや弾力の維持に役立ち、古い皮膚から新しい皮膚に生まれ変わらせる働きもあるため重要視されていたわけです。

そして、その時間帯は夜の20時から深夜の2時とされていました。ところが、最近に至って別の主張をする人が出てきました。時計の時間帯ではなく、眠りに入ってからの3から4時間が肌のためのゴールデンタイムだというものです。考えてみれば、その昔は22時頃眠りに入る生活が多かったのですから、そのことと合わせれば、合点がいく主張とも言えます。

つまり、眠りに入って3~4時間の間に脳下垂体から成長ホルモンが分泌されるということですから、多少の時計のズレがあったとしても、この数時間にしっかりと熟睡し、質の良い睡眠を取ることが美容につながるということになります。そこで、眠りに入った直後から熟睡するようにするためですが、一つには眠る数時間前からは食物を口にしないこと、二つ目は2時間くらい前には入浴で身体を温め、ベッドに入るころには少し体温が下がってくるタイミングにすることを心がけるのが、良いということになります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.