美容に良い睡眠のとり方

眠りは美容に大きく影響します。質の良い睡眠は疲れをとりますが、同じく肌にもとても良く働きかけます。最近肌の調子が良くない、ぶつぶつできてきたなどの悩みは、睡眠をとることで改善されることがあります。夜の10時から2時まではシンデレラタイムといって、肌が生まれ変わる時間です。

成長ホルモンが活発になるので、肌の新陳代謝が高まります。この時間に眠っていることが肌を美しくします。無理に眠ろうとすると逆効果なので、心を落ち着かせて、ゆっくり目を閉じ横になりましょう。睡眠環境を整えることが何より重要になりますが、明るさと香りに気を配ると、より良い睡眠につくことができます。

間接照明程度のぼんやりした明るさは眠気を誘います。また、アロマの精油をティッシュやガーゼにつけ、枕元に置いておくことで、ストレスを緩和しリラックス効果をもたらしてくれます。柑橘系アロマのオレンジスイートや、フローラル系のラベンダーは、心地良い眠りをサポートしてくれます。眠る前に、布団の上で軽いストレッチを行ったり、ゆったりとした音楽を聴くのも効果があります。

美容と深く繋がっている眠りですが、寝ながらスキンケアをしてしまえば美肌への近道です。寝る前に顔にシートパックをします。パックの上から、スプーンの背中を使って上へと優しくマッサージします。毛穴がキュッとしまり、肌が明るくなります。

シートパックは長時間肌にのせていると水分を奪ってしまうので、手早く行いましょう。睡眠不足は美容の大敵です。良い眠りを心掛けましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.